ノンシリコンシャンプーって結局どうなの?!

ここ数年、テレビCMでも見ない日がないほど宣伝されているノンシリコンシャンプー。

 

ノンシリコンシャンプーの方が良いという人もいれば、シリコンが入っている方が良いという人もおられます。いろいろな意見があるため、結局どっちを選べばよいのか悩んでいる方も多いはず!

 

そこで、「ノンシリコンシャンプーって結局どうなの!?」ということで、メリット・デメリット、使うと良い人をお伝えしていきます。

 

ノンシリコンシャンプーが気になっているけどイマイチよくわからない…という方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

そもそもシリコンって何!?

最近よく耳にする「ノンシリコンシャンプー」ですが、そもそもシリコンとはどのような成分なのでしょうか。

 

シリコンとは、髪の毛のキューティクルを保護してくれるコート剤のことです。キューティクルをしっかりと保護してくれることにより、紫外線や外的刺激から髪の毛を守ってくれる働きをします。

 

また、キューティクルが剥がれてしまった髪の毛を保護するため、髪の毛に艶を出してくれるのも特徴です。そのため、特に女性向けのシャンプーに配合されていることが多く、艶のある髪を演出してくれます。

 

シリコン悪者説は単なるイメージだった!?

 

「ノンシリコンシャンプー」という言葉が独り歩きするようになってから、「シリコン=悪者」説がなんとなく広がっています。ノンシリコンとはその名の通り、シリコンが入っていないという意味ですから、テレビCMなどを見た多くの方が「シリコンという悪い成分が入っていない良いシャンプーなんだ♪」と勝手にイメージしてしまっているわけですね。

 

しかし、先ほどもお話したとおり、シリコンは髪の毛のキューティクルを保護して外的刺激から髪を守ってくれる大切な成分です。特に、カラーやパーマ、外的刺激によってキューティクルが剥がれてしまっている髪には、とても大切なコート剤となっています。

 

また、シリコンは医学分野でも使われている成分で、アレルギーの心配がほとんどない成分です。

 

さらに最近では、インターネットを中心に「シリコンは毛穴に詰まるから抜け毛の原因になる」というのも見かけます。実はこれも大きな間違いなのです。シリコンは、毛穴に詰まるような大きさの成分ではなく、シリコンそのものの危険性は少ないと考えられています。

 

つまり、シリコン=悪者というのは、短絡的すぎる勝手なイメージだといえます。

 

過剰な量のシリコンは要注意!

 

すでにお話したとおり、シリコンは決して悪い成分ではなく、むしろ危険性の少ない成分です。

 

しかし、メーカーによっては、シリコン本来の髪の毛を保護するという働きのためではなく、艶を出すためだけに過剰な量のシリコンが配合されていることがあります。このように、過剰な量のシリコンが配合されてしまっている場合、しっかりとすすぎを行わないと洗い残しが髪や頭皮に残る可能性があります。そのため、頭皮が敏感な方は、あまりにも過剰な量のシリコンが配合されたシャンプーを使う場合、気を付ける必要があります。

 

シリコンがどれくらいの量シャンプーに入っているのかについては、直接メーカーに聞くしかありません。しかし、成分表を確認して、シリコン成分があまりにも上の方に表記されている場合は注意した方が良いでしょう。(成分表は、上から順番に配合量が多い成分名を表記することが決まっています。)

 

ノンシリコンシャンプーの特徴について

では、話題のノンシリコンシャンプーとはどのような特徴があるのかといえば、単純にシリコンが入っていないシャンプーということになります。

 

ここまでお読みいただいている方ならお分かりの通り、キューティクルを保護してくれるシリコンが入っていないということは、髪を保護してくれるものがなくなるというわけです。

 

最近では、シリコン以外に髪を保護してくれる成分を配合したノンシリコンシャンプーが増えていますが、それも成分を確認することが重要です。というのも、先ほども書いた通りシリコンは非常に危険性の少ない安全な成分です。シリコンの代わりに入っているコート剤が、実はシリコンよりも刺激が強くて心配になる成分だということも十分考えられます。

 

髪がキシキシするシャンプーは要注意!

 

ノンシリコンシャンプーの多くは、洗っている最中や洗い上がりに髪がキシキシしてしまう商品が多いです。ノンシリコンシャンプーのメーカーサイトを見てみると、このキシキシ感は「髪本来の姿に戻っている」「髪のすっぴん姿」などとアピールされています。

 

しかし、髪がキシキシするということは、髪と髪が摩擦で擦れてしまいダメージの原因になりえるのです。当たり前ですが、シリコン以外のコート剤が配合されていないノンシリコンシャンプーの場合、キューティクルが剥がれるなどのダメージになる可能性が高いのです。

 

「キシキシするのは良いこと」と、これまたイメージされている方も多いですが、ダメージの原因になりえるので要注意です。

 

ノンシリコンシャンプーとシリコンインシャンプーどっちが良い!?

ここまでのお話で、シリコンのメリットもデメリットもお伝えしてきました。また、ノンシリコンシャンプーについてもよくある勘違いなどについてまとめてきました。

 

では、具体的にノンシリコンシャンプーを使ったほうがよいのか?シリコンインシャンプーを使ったほうが良いのか?どうなのかが一番気になるかと思います。結論から言えば、「人によって違うし、その時の髪質によって使い分けるべき」だというのが答えです。

 

これだと少しさっぱりしすぎているので、具体的にどのような人はノンシリコンシャンプーを使えばいいのか?逆に、どのような人は使わない方が良いのかについてお話していきますね。

 

ノンシリコンシャンプーを使わない方が良い人

 

まず、ノンシリコンシャンプーを使わない方が良い人は次のような人です。

  • 髪が傷んでいてキューティクルが剥がれてしまっている

何度もお伝えしている通り、シリコンは髪の毛のキューティクルを保護してくれる働きがあります。そのため、髪の毛が酷く傷んでしまっている方の場合、シリコンインシャンプーでケアする方が良いでしょう。

 

特に、髪をケアしてくれる成分が入っていないキシキシするノンシリコンシャンプーは、相性が最悪です。髪と髪が擦れてさらに髪が傷む恐れがあるので要注意です。

 

ただし、最近ではシリコン以外にも天然由来のケア成分を配合したシャンプーも販売されるようになってきました。

 

髪が傷んでいる方の中には、「できればノンシリコンシャンプーを使いたい」という方も少なくありません。そのような場合、ノンシリコンでも天然由来のケア成分を配合したシャンプーを選ぶと良いでしょう。当サイトで人気のシャンプーの中では「ハーブガーデンシャンプー」が、ノンシリコンですがしっかりとケア成分を含んでいるのでおすすめです。

 

ハーブガーデンシャンプーの詳細はこちら

 

ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良い人

では、ノンシリコンシャンプーを使ったほうが良い人についてですね。

  • 頭皮への負担・ダメージが心配な方
  • 抜け毛や薄毛が気になっている方

このような方の場合、シリコンインシャンプーよりもノンシリコンシャンプーを使う方が良いでしょう。

 

先ほどもお伝えしたとおり、メーカーによっては、シリコン本来の目的以外のために過剰に配合しているシャンプーもあります。しっかりと洗い流せばよいものの、やはりすすぎ残しなどを考えた場合、そういったシャンプーは少し心配です。特に、抜け毛や薄毛、痒み、フケなどの頭皮トラブルで悩んでいる方は、ノンシリコンシャンプーを選ぶと良いですね。

 

とはいえ、髪がキシキシしてしまうノンシリコンシャンプーでは、髪の毛が傷む恐れがあります。そのため、ノンシリコンシャンプーを選ぶ時は、次のポイントに気を付けて選ぶと失敗しないシャンプー選びができます。

 

ノンシリコンシャンプーの失敗しない選び方

 

  • キシキシしない
  • 無添加で余計な添加物が入っていない
  • マイルドな洗浄力のアミノ酸系が入っている

ノンシリコンシャンプーは、髪を保護してくれるシリコンが入っていません。そのため、シリコン以外で頭皮・髪への負担の少ない保護成分が含まれていることが大切です。毎回毎回キシキシしながら髪を洗っていると、髪の毛のダメージになるので、ノンシリコンシャンプーといえかえってダメージになります。

 

また、ノンシリコンシャンプーの中には、シリコンの代わりに余計な添加物が入っているものもあります。せっかくノンシリコンを選ぶなら、頭皮への刺激が心配される余計な添加物の入っていないシャンプーを選びましょう。

 

そして一番大事なことが、頭皮・髪への刺激が低いアミノ酸系の洗浄成分を含んでいることです。いくらノンシリコンでも、頭皮への負担が大きい洗浄成分を含んでいては全く意味がありませんからね。

 

以上3つのポイントが、失敗しないノンシリコンシャンプーの選び方となります。

 

具体的にどのようなノンシリコンシャンプーを選べばよいのかについては、次のページで詳しくお話しています。
ノンシリコンシャンプー選びで悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ノンシリコンシャンプーの失敗しない選び方

 

ノンシリコンシャンプーについてまとめ

 

ノンシリコンシャンプーについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

これまで勝手なイメージで「シリコン=悪者」と考えていた方には、少し衝撃的だったかもしれません。メーカーの勝手なイメージで適当にシャンプーを選んでしまっていた方は、この機会にぜひ見直してみてください。

 

当サイトでは、ノンシリコンシャンプーをはじめ、様々な点からシャンプーについてまとめています。シャンプー選びで悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。


関連ページ

ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系シャンプーの違い
ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系シャンプーを一緒だと勘違いしていませんか?正しいシャンプーを選ぶ為にしっかりと違いをみておきましょう。
ノンシリコンシャンプーを使わないと抜け毛が増えるって本当!?
シリコンは毛穴に詰まるから抜け毛ケアにはノンシリコンが良いといわれています。それは本当なのかどうか、詳しく解説しています。