ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系シャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系シャンプーを一緒だと勘違いされている方も多いです。ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが入っていないシャンプーです。アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分がアミノ酸系の成分を使っているシャンプーです。

 

アミノ酸系シャンプーの中にも、シリコンが入っているものもあれば、入っていないノンシリコンのシャンプーもあります。ノンシリコンシャンプーにも、アミノ酸系の成分を使っているものもあれば、使っていないシャンプーもあります。

 

最近話題のノンシリコンシャンプーって正直どうなの?

 

テレビCMや雑誌で見ない日はないというほど注目されているノンシリコンシャンプー。いろいろなメーカーからノンシリコンシャンプーが発売されていますよね。

 

ノンシリコンという言葉ばかりを見ていると、なんとなくシリコンは悪い成分と思いがちですが、実はそうでもないんです。

 

シリコンは、髪の軋みを防いでくれる貴重な成分。また、紫外線などから髪を保護するのにも注目されていました。けど、一部のメーカーが、本来のシリコンの働きのためじゃなくて「艶を出すため」に過剰な量を配合するようになったので、シリコンによる弊害が注意されるようになってきました。

 

基本的に、シリコンは毛穴に詰まるほどの大きさの成分ではないので、適量入っているシャンプーなら問題ありません。が、過剰な量が配合されているシャンプーだと、毛穴詰まりも心配されているんです。

 

また、シリコンはコーティング剤の中でも刺激が低く安全性の高い成分なんですね。

 

このように、シリコンは適量使えば素晴らしい成分なのですが、過剰な量を使うと問題も出てきてしまいます。

 

ノンシリコンシャンプーという言葉が独り歩きしてしまっていますが、シリコン自体には害はないんですね。中には、ノンシリコンシャンプーにこだわらない方も増えてきています。

 

参考:ノンシリコンシャンプーって結局どうなの!?メリット・デメリットについて

 

とはいえ、どれだけシリコンが入っているのかはわからないシャンプーも多いので、気になる方も多いのが現状です。

 

ほとんどのノンシリコンシャンプーは、シリコンの変わりに別のコーティング剤を使っていることが多いです。そのため、ノンシリコンシャンプーを選ぶときは、コーティング剤が入っていないシャンプーや、天然由来系の成分を使っているものを選ぶようにするといいです。

 

コーティング剤の中には、シリコンよりも注意が必要な成分もありますからね。

 

関連ページ

ノンシリコンシャンプーって結局どうなの!?メリット・デメリットについて
ここ数年話題になっているノンシリコンシャンプーについて、メリットデメリットをお伝えしています。ノンシリコンシャンプーを使うか悩んでいる方の参考になれば幸いです。
ノンシリコンシャンプーを使わないと抜け毛が増えるって本当!?
シリコンは毛穴に詰まるから抜け毛ケアにはノンシリコンが良いといわれています。それは本当なのかどうか、詳しく解説しています。